生野菜は冷え性になりやすいのか? – 東京練馬の酸素で痩せるサロン グリーンビューティ

生野菜は冷え性になりやすいのか?

生野菜は冷え性になりやすいのか?

お客様からは、生野菜って良いの?悪いの?冷やすのかしら?

そんなお声を良くいただきます。

 

確かに、寒い冬の時期に生野菜を食べると冷える感覚ありますよね。

ものすごーーく、食べたいとは思わないですし。。

 

ですが、結論から言うと、

生野菜は体に良いので摂って大丈夫です。

eyes0508

生野菜自体は栄養価も高いので摂取した方がより体には良いでしょう。

 

なんですけども、ウリ科の野菜は特に冬場は食べるのをお勧めできません。

今スーパーでも売られていますが、ウリ科は避けたいです。

やはり季節のものを食べるのが一番ですね。

ウリ科の野菜と言えば、キュウリ、スイカ、カボチャ、ズッキーニなど・・。

夏野菜は今は摂取しないのがいいかも。

 

 

冷たく感じる、冷え性になるのでは?と思う原因が

冷蔵庫から出してすぐに食べるので冷えを感じることや

生野菜は水分が多いですし、利尿作用があるのでトイレが近くなることが

挙げられるのではないでしょうか?

 

 

 

対策としては

 

少し常温に戻してから食べること

そして、生野菜を良く噛むことです。

 

生野菜をあまり噛まずに胃へ送ると、消化不良を起こしやすいです。

 

よって、生野菜というのは普通に摂取していただいて大丈夫です。

 

では食べ方で冷え性になるのか?というと・・・

 

「食べ過ぎ」が冷え性の原因になります。

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s

 

 

食べ過ぎると消化に大量の血を必要として

他の臓器や器官への血行が悪くなり、冷え性になります。

 

おそらく冷え性の方は、食べることで眠くなりやすいのではないでしょうか?

 

腹八分目にすることが、冷えを治すことにつながり、ダイエットにも有効です。

 

お腹が空いた・・と感じるときは

少しストレッチをすると空腹感が和らぎます。

 

◆ 生野菜は通常に摂取 (ウリ科は避ける)

◆ 食べ過ぎない!

◆ バランスの良い食事!

 

食べ過ぎが実は冷え性につながるんだ~!ということをぜひ覚えておいてください。

 

私もついつい食べ過ぎてしまうのですが、

食べ過ぎる = 眠くなる = やる気が失せる

 

の悪循環なので・・ぜひそこから脱出しましょう・・!!