ずぼらダイエットは炭水化物が成功のカギ – 東京練馬の酸素で痩せるサロン グリーンビューティ

ずぼらダイエットは炭水化物が成功のカギ

ずぼらダイエットは炭水化物が成功のカギ

こんにちは、酸素で痩せるアロマエステサロン、グリーンビューティーです。

今日は久しぶりのずぼらダイエットのお話し。

ダイエットをしよう・・と思うと、たいていの方は炭水化物の摂取を控えようとします。

 

0343dbc1102b4f4f1f1c00a27d5e25f5_m

 

炭水化物=太る はもう定説ですから、仕方のないこと。

実際、炭水化物は脂肪がつきやすいのは確かです。

でも、いきなり炭水化物の摂取量を減らすと、便秘になってしまうのですよ。

便秘と言えば・・・ダイエットにはかなりの大敵です(;´∀`)

便秘になる身体はダイエットをしにくいカラダということ。

老廃物が外に出ないわけですから、悪いもんがずーっと体内にいることになります。そうなると血行不良によって冷えやむくみにつながります。

それだけじゃなく、ダイエットに必要な栄養素が吸収しづらく、痩せにくいカラダになるのです。

なぜ、炭水化物をやめると便秘になるのか?

炭水化物の代表格である「お米」を突然摂取量を減らしてしまうと・・・便秘になる可能性が非常に高いのです。

お米に含まれている食物繊維は、腸まで届けられると水分を吸い込んで腸の中の宿便などをからめとってくれる働きがあります。また、お米には粘膜の働きを活性化してくれるビタミンBなども豊富に含まれているのです。

今までお米を食べていた人が、突然辞めてしまうのが便秘につながってしまいます。

ちなみに、、パン食だった方が、お米に切り替えると、便秘が解消される可能性が!! 私のサロンのお客様ではパンやパスタからお米に切り替えただけで痩せたという方続出なんですよ。

私の勧めるずぼらダイエットでは、ダイエットに良い炭水化物はお米って思っておいてください。

パンやうどんは、不向き。なぜなら原料が小麦粉だからです。

またパンにいたっては、添加物や食塩や砂糖など、余計なものが入っている場合が多いため、ダイエットには超不向きです。

一方、お米は非常に便秘に優れていています。

日本人は昔から素晴らしい食材を日々食していたことがわかりますね。

パンが多い食事の方が、お米に返るだけで、便秘が解消される方が私のサロンでも、とっても多いです。

Woman Measuring Stomach

でもお米はやっぱり太るのでは・・?

はい、そうはいっても、やっぱりお米は太りやすいのは確かです。

でも、それは単独で食べていたらの話です。お米だけを、空腹時にがーーーと食べればすぐに太ります。

でもそういう人少ないですよね?お米にはおかずが一番似合う。

おかずと一緒に摂取することで、血糖値の急激な上昇を防ぎ、しかも便秘解消になるのです。

特におすすめのご飯のお伴は・・梅干しや昆布やノリなどです。これって昔ながらの日本人の朝食ですよね。

私がお勧めしたいのは、昔から食べられている、長年食べられている食材、食習慣が一番安全で、一番ダイエットに効果的です。

すぐに新しいもの、例えばスムージーとか・・は、その単品で見れば栄養素が高くても、飲み方一つで、冷えた体になるのです。

また欧米人と日本人の違いもあります。そういったことを考慮なしになんでも新しいものを取り入れるのは危険! 

お米がいいと言っても・・白米で大丈夫??

白米は太るイメージが大きいのですが、上記で述べたように、おかずと一緒に摂取することで、九州を抑えることが可能です。

ちなみに、玄米がダイエットに良い!といって急に玄米にすると、便秘になります。消化不良を起こして下痢になることも。。

私は個人的には玄米はお勧めしていません。

一番おすすめしているのは「胚芽米」です。

より白米にちかい玄米?と言ったところです。消化吸収も良いですし、栄養素もたっぷり。

よってダイエットに向いています。

最近は胚芽米はスーパーでも売っていますので、白米と胚芽米を混ぜて普通に炊くとよいでしょう。私の家族は玄米は苦手ですが、胚芽米なら食べられていますよ。

 

ずぼらダイエットは、ぜひ胚芽米で成功させましょ~!